投資を始めるのに、ある程度まとまった金額をためてからじゃないとダメなのか?【そんなことない】

2020/06/21

知識・ノウハウ

t f B! P L

こんなツイートをしました。

妻の顔

うちはどうだったっけ?

小淵の顔
小淵
(おぶち)

まとまったお金をためてから投資を始めたよ。

妻の顔

言ってることとやってることが違うじゃん。

小淵の顔
小淵
(おぶち)

投資をやろうと思ってたときにはある程度まとまった貯金ができていた、という方が正しいかな。

投資をやるために貯金をしていたわけじゃないからね。

結論は?

思い立ったら今すぐ投資を始めよう。それだけです。

何をすればよいか? についてはこちらの2つの記事をごらんください。

機会損失は大きい

我が家では結婚してから数年間、特に何も考えず貯金をしてきました。

妻の顔

何も考えてないわけじゃないよ。将来のためでしょ?

小淵の顔
小淵
(おぶち)

そうだね。ごめんごめん!

今年に入ってアメリカ株に投資をしようと思い立ったとき、貯金は800万円ほどになっていました。

そのため、ある程度まとまったお金を持った状態で投資をスタートしたことになります。

私たちは機会損失をしています。なぜならこの800万円は、ためていた4年間、何かに投資していればふえていたかもしれないのですから。

もしかしたら850万円や900万円になっていて、その状態から投資を始められたかもしれません。

※もちろん、減っている可能性もあるわけですが。

お金は、市場にさらしてこそ意味があります。どんなに少額でも(100円からでも)今すぐ始めることに意味があります

特に全米株式のイデックスのような、7割の確率で価格が上昇・3割下落と言われているようなものに投資するなら、市場にさらしていない期間があることが何よりもったいないと言えるでしょう。

よくある反論

Twitterでは「少額ではもうけが少ない」「投資しても意味がいない」という意見の方も見かけます。

私としては、ちょっと同意できませんね。そんなことを言う人はあなたのことをちゃんと考えていないと思います。

1年かけて120万円ためてから投資を始めるのと、毎月10万円ずつからでも投資を始めるのとでは、同じ金額でも結果がまったく異なります。

最初の月に投資した10万円は、11ヶ月後に11万円になっているかもしれません。

2ヶ月目に投資した10万円は、10ヶ月後に10万7000円になっているかもしれません。

ちょうど1年後には、合計108万円で投資を始められるかもしれません。

――と、これは極端な架空の数字ですが、このようにできるだけ長い期間、資金を市場に晒しておくことは、意味のあることです。

ちょうど1年後に90万円に減っていたら?

それは残念ですね。当然リスクがありますので、タイミングによってはそうなることもありえます。

その可能性も含めて考えておくべきです。リスクを取るとはそういうことです。

米国株インデックスなら価格は上昇することの方が多いので、私なら早めから投資を始めます。

これはみなさん一人ひとりの考えで決めるべきことです。投資先の銘柄が値上がりに期待するなら、早めに投資する。まとまったお金が貯まるまでの間、値上がりしそうにないと思ったら、投資は先送りにする。

基本的な考え方です。

※※ちなみに、そのような値上がり・値下がりのタイミングを読むこと自体が難しいです。しかもたいてい的中しません。

妻の顔

この記事がためになったと思ったら、クリックおねがいします☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ブログ運営者について

自分の写真
東証一部上場企業に勤める平凡なサラリーマン(営業職)35歳。妻あり子無し。結婚数年目。世帯年収は約1,000万円。20代に国内株で失敗経験あり。初心者やアクティブ運用に疲れた投資家にインデックス投資をおすすめする。Twitter @obuchi35kara

小淵(おぶち)のツイート

おすすめ情報

記事一覧

このブログを検索

QooQ