【2020年8月版】小淵家のポートフォリオ公開【投信・債券売却、VTI追加購入】

2020/08/02

運用状況

t f B! P L
piggy bank

この記事では、小淵家の8月上旬時点での資産状況を報告します。

前回からの動き

まずは前回、7月上旬の資産状況はこちらから。

このような資産状況でした。

それ以降の動きは以下のとおりです。

投信・債券を売却

30万円強保有していた投信6種類、債券2種類を売却しました。

これは、VTIのみの投資方針に決める前に買ってしまっていたもので、いつか精算したいと考えていたものでした。

売却して得た資金で、すぐにVTIを追加購入しました。

VTI追加購入

資金がたまってきたので、純粋にVTIを追加購入しました。

我が家ではこれまで、VTIは不定期で買い増ししていましたが、今回、ある程度ルールにそって購入していくことに決めました。それは、

家計の口座(現金の預金口座)の残高が150万円を越えたら、ネット証券口座に資金を移してVTIを買う(10万円単位のキリのいい額)。その結果、家計の講座の残高が100万をちょうど切るくらいにする。

というものです。現金が150万を越えたら100万にする(差額をVTI購入にあてる)。という簡単なスケジューリングです。

不定期であること自体は問題ないのですが、VTIに投資するのを忘れたりして、現金を多く持っている状態が続きすぎるともったいないので、このようにしました。

100万円は、生活費と生活防衛費を合わせた金額です。我が家の生活費の約4〜5ヶ月分に相当します。

この件についてはこちらの記事で説明しています。この記事を読めば小淵家の家計の考え方がわかります。

CAUTION

この記事では「6ヶ月分」を確保するといっていますが、その後の家族会議で、「○ヶ月分」ではなくわかりやすく「100万円」にしようということになりました。

保有資産の内訳

VTIを追加購入しましたので、保有資産と比率が変わりました。VTIで約935万円、構成比約94%になりました。

資産の状況(資金投入との比較)

現在の資産価値は約997万円です。

妻の顔

1,000万円の大台にあと一歩!

月別運用実績推移

資金投入の累計額と毎月の評価額の推移です。

今月からVTIの保有口数を記載してみました。これで買い増ししたタイミングがわかります。

小淵の顔
小淵
(おぶち)

この6、7月と、アメリカ全体の株価が上向いてきたので、VTIがほとんどの我が家の資産も元金を越えて含み益がふえてきたね。

妻の顔

いいね!

小淵の顔
小淵
(おぶち)

でもだからといって安心せず、いつかまた元金を割ることもあるということをお忘れなく。

妻の顔

はーい。

これからの予定

とくにありません。今までどおりVTIを買い増していくだけです。

購入タイミングのルールは、先述のとおりざっくりと決めました。生活費として現金100万円を維持しながら(生活防衛資金ふくむ)、過剰分をだいたい50万円ずつVTIに投資していくという寸法です。

ところで、近ごろTwitter界隈では、全米か全世界かというような議論がさかんです。

「アメリカが世界一位の覇権国家から転落したらどうするのか? あのイギリスだって転落した」などと、不安をあおるようなことを言う方もいます。「だから全世界株式を持っておくのがいいのだ」とも。

そう言いますが、アメリカが"世界二位"の覇権国家ではだめなのでしょうか? 三位でも四位でも、私は今までどおりアメリカが成長してくれればいいと考えています。(「覇権国家」の定義はよくわかりません)

そんな安直な考えで全世界に乗り換えることは、私はしません。

全世界株式インデックスも魅力ですが、私は、これまでどおりアメリカの強さに我が家のお金をたくしていくのに変わりはありません

市場全体の株式を時価総額加重平均で持つというのが現代ポートフォリオ理論の結論ですから、資産の"一部"をVTなどの全世界にしたりすることもありません。

当初の投資計画を淡々と実行していくだけです。

妻の顔

この記事がためになったと思ったら、クリックおねがいします☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア


ブログ運営者について

自分の写真
東証一部上場企業に勤める平凡なサラリーマン(営業職)35歳。妻あり子無し。結婚数年目。世帯年収は約1,000万円。20代に国内株で失敗経験あり。初心者やアクティブ運用に疲れた投資家にインデックス投資をおすすめする。Twitter @obuchi35kara

小淵(おぶち)のツイート

おすすめ情報

このブログを検索

QooQ