【2020年9月版】小淵家のポートフォリオ公開【VTI比率98%に】

2020/09/01

運用状況

t f B! P L
piggy bank

この記事では、小淵家の9月上旬時点での資産状況を報告します。

前月からの動き

まずは前月、8月上旬の資産状況はこちらから。

そして、8月中の動きは以下のとおりです。

個別株・他ETFを売却

少しだけ持っていたビザ(V)とバンガード・S&P500 ETF(VOO)を売却しました。

売却して得た資金で、すぐにVTIを追加購入しました。

つみたてNISA開始

つみたてNISAでの投資を始めました。投資対象は全額楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)です。

ETFのVTIと投資信託の楽天VTIとを持つことで、全米市場の時価総額比を崩さず、効率的なポートフォリオを維持します。

こちらの記事の「税制優遇制度と連携する」の部分でも言っているとおりです。

バンガードが日本支社を閉鎖

バンガードの日本支社「バンガード・インベストメンツ・ジャパン」が営業終了することが、8月27日に発表されました。

バンガード-長期・分散・低コスト- 当社の営業活動終了のお知らせ

これによる個人投資家への影響は無いようです。楽天証券のアナウンスでも、楽天VTIなどバンガードのETFに投資している投資信託は、今後も変わりなく運用していくと発表されています。

弊社では、米国市場に上場されているバンガード ETF®等への投資を通じて、「楽天・バンガード・ファンド」シリーズの投資信託を皆様にご提供しておりますが、これによる運用への影響は一切ないと考えております。

楽天・バンガード・ファンド | はじめての方へ | 投資信託・ETFなら楽天投信投資顧問 の2020年8月28日のお知らせより引用

我が家でも、変わらずVTI(ETF)および楽天VTIへの投資を継続していきます

保有資産の内訳

VとVOOを売ってVTIを追加購入したことと、つみたてNISAで楽天VTIを購入し始めたことにより、保有資産と比率が変わりました。

ETFのVTIで約1,043万円、(楽天VTI含めて)VTIの構成比が約98%になりました。

円グラフの濃い緑色の部分が楽天VTIです。

ご覧の通り、まだ約2%は個別銘柄を持っています。これはVTI 100%の方針に決める前に買っていたもので、ヴァージン・ギャラクティック(SPCE)の株式です。

妻の顔

あなた、このブログとかTwtitterで「VTI 100%」って豪語してるよね。

小淵の顔
小淵
(おぶち)

98%だよ? ほぼ100%でしょ。

妻の顔

ウソじゃん。

小淵の顔
小淵
(おぶち)

そのくらいは勘弁してください。

妻の顔

ダメです。

そのうち売却します。

資産の状況(資金投入との比較)

現在の資産価値は約1,078万円です。

妻の顔

総資産が1,000万円を超えた!

月別運用実績推移

資金投入(投資元金)の累計額と毎月の評価額の推移です。

これにはつみたてNISAの楽天VTI(の投資元金&評価額)を含んでいます。

小淵の顔
小淵
(おぶち)

GAFAやMicrosoftをはじめとしたハイテク関連銘柄の株価上昇に牽引されて、VTIの評価額もこの1ヶ月でグングンのびてきた。

妻の顔

でも"いっとき"のものでしょ?

小淵の顔
小淵
(おぶち)

よくわかってるね。

この上昇がいっときのものか、そうでなくずーっと上昇し続けるものかはわからない。

けど、いっときのものだと思っていた方が、心構えとしてはより良い。

妻の顔

うん。

小淵の顔
小淵
(おぶち)

明らかに平均を上回る上昇をし続けているから、そのうち上昇力が鈍化したり、下落したりする時期が来る可能性は多いにあると思う。

これまでどおり、またいつ下落してもいいやくらいに構えておこう。

いくら下落しても、売る予定は無いんだから。

小淵家のキャッシュフロー

参考に、我が家のお金の流れを簡単に示したフローを掲載しておきます。

右下の「資産運用」の部分が、当ブログで紹介・公開している部分です。

それとは別に、私個人として、企業型確定拠出年金(企業型DC)でも運用しています。こちらはVTIではなく、全部全世界株式インデックスファンドです。

このブログのメインの話題ではないので、こちらの記事(↓)で少しふれたことがあるくらいです。またTwitterでもたまーに言及するくらいです。

すでに7年間運用しており(ほとんどほったらかし)、本日時点でその含み益は+40%を超えています。年平均利回りは10.00%付近です。(ちょっと良すぎます。いずれ鈍化するでしょう)

家計の「資産運用(VTI)」の部分はまだ始まったばかりで成果が見えないのに対して、こちらの企業型DCの方は、7年間の運用でかなり"成功した"と言えると思います。

おそらくこれから先、多少の暴落が来ても投資元金を割らないのではないでしょうか。

インデックス投資で長期間"寝かせ"、複利の力をたんまりとたくわえてきた成果です。

これからの予定

これまでと変わりません。現金がある程度たまったとき、その時点の単価にかかわらず、VTIを買い増してくだけです。

今のところ、おおよそ50万円たまるたびに元金を投入し追加購入していくつもりです。

この8月に元金を投入しなかったのは、前回からまだ50万円たまっていなかったからです。

(つみたてNISAはこのやり方とは別に、毎月定額を自動的に買付していきます)

全米株式インデックスへの投資をはじめてまだ半年あまりです。

日々VTIも値動きをくり返し、最近ではずっと上昇していますが、我が家は一喜一憂していません。

今が"いい"とも"悪い"とも思っていません。最低25年くらいは売るつもりがありませんから、今の値動きを気にしてもしょうがない、そういうニュートラルな気持ちでいつもいます。

妻の顔

この記事がためになったと思ったら、クリックおねがいします☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア


ブログ運営者について

自分の写真
東証一部上場企業に勤める平凡なサラリーマン(営業職)35歳。妻あり子無し。結婚数年目。世帯年収は約1,000万円。20代に国内株で失敗経験あり。初心者やアクティブ運用に疲れた投資家にインデックス投資をおすすめする。Twitter @obuchi35kara

小淵(おぶち)のツイート

おすすめ情報

このブログを検索

QooQ