S&P500とVTIの構成銘柄の時価総額を円グラフで見てみましょう

2020/12/03

知識・ノウハウ

t f B! P L

Twitterでたまに流行する画像があります。

それは、S&P500構成銘柄の時価総額を円グラフにしたものです。

たとえば、こんなツイートで登場します。

よく読むと、テスラ(TSLA)を入れた時価総額上位6社と、下位369社、合計375社だけの円グラフであることがわかります。

なので厳密には「S&P500構成銘柄の円グラフ」とは言えません。中間の約130社が意図的に除外されているのですから。

しかしTwtitterではこの画像だけがひとり歩きし、拡散され、「S&P500構成銘柄全部」の円グラフであると紹介されたり、そう思い込んだりしてしまう人がいるようです。

勘違いしたままこのグラフにもとづいて何か投資行動を決めるなんてことがあっては、いけません。

小淵の顔
小淵
(おぶち)

私には、これを最初に作った人の目的がわかりません。

勘違いしている人の中には、「ハイテクがバブルだ」とか、「一部の企業に支えられているからS&P500への投資は危ない」というようなこと言っている人もいました。

勘違いした状態での意見は、どんなものであれあまりアテになりません。

――そこで今回は、S&P500構成銘柄全部の正しい円グラフを作成してみましたので掲載します。

また、VTIの構成銘柄(約3,500)についても同じように円グラフを作ってみました。

そして最後に、このグラフを見て私が感じることをのべたいと思います。

S&P500構成銘柄の時価総額の円グラフ

ずばり、こちらです。(2020/10/31時点のデータ)

※データの出どころ等は本記事最後に提示しています。

バークシャー・ハサウェイ(BRK.B)までの上位7銘柄で、全体の4分の1近くを占めています

VTI構成銘柄の時価総額の円グラフ

VTIでも作成してみました。(2020/10/31時点のデータ)

※データの出どころ等は本記事最後に提示しています。

※最下位付近が白くなっていますが、これは個々のパイが細すぎて描画できなくなっているためです。実際にはこの白い部分の中に2,000社以上(!)も含まれています。

VTIはバンガード社のETFで、全米株式インデックスファンドです。構成銘柄は約3,500。

私はこれを見て、S&P500の円グラフと似ているな、と思いました。

実際、7位のバークシャー・ハサウェイまでで占めるのは全体の約5分の1です。

VTIは基本的にS&P500の銘柄を包含しており、VTIに占めるS&P500銘柄の時価総額の割合は約8割です。

VTIのほとんどがS&P500で成っている。だからあまり大きく違わないんですね。

これを見て何を思うか

私がこの結果を見て思うことは、特にありません

どんな銘柄が大きなシェアを占めていようが、どんなセクターが人気だろうが、シェア争いがどう変化しようが、私はあまり気にしません。

なぜなら私は、円グラフの中身の変化というよりも、いわば、円グラフ自体が大きくなること(全体の時価総額がふえること)に期待しているからです。

長い投資期間の中で、市場全体の時価総額がふえることを待つスタイルです。円グラフの中の陣取り合戦にやきもきしません。

たとえば上位数社のハイテク企業の株価が下がったら、そのマネーは別の銘柄にいくでしょう。とあるセクターが下落したら、別のセクターが盛り上がるでしょう。(おそらく)

VTI(やVOOなどS&P500インデックスファンド)を持っていれば、その全部の銘柄に投資していることと同じです。

ですから全米株式市場の中で投資家のマネーがどこに集中するかはあまり関係なく、その市場全体の成長を期待するだけ。

それが私の投資スタイルです。

データの入手先

VTI

元データとして、バンガード社のサイトからダウンロードしたExcelを使用しました。2020/10/31時点の時価総額とのことです。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI) │ バンガード・インベストメンツ・ジャパン - 商品案内 - バンガードETF

ファイル名:「保有銘柄の詳細_バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI).xlsx」。ダウンロード日:2020/12/03

また、データが不正だった最下位の5社を除外しています。(円グラフへの影響はほぼゼロです)

Lantheus Holdings CVR、Harvest Natural Resources Inc.、Patriot National Inc.、Frontier Financial Corp.、Universal Travel Group

S&P500

元データとして、バンガード社のサイトからダウンロードしたExcelを使用しました。2020/10/31時点の時価総額とのことです。

S&P500連動ファンドであるVOOのものを採用しました。厳密にS&P500と一致するわけでないことは承知ですが、このくらいの粗さで見るには問題ないでしょう。

バンガード・S&P500 ETF(VOO) │ バンガード・インベストメンツ・ジャパン - 商品案内 - バンガードETF

ファイル名:「保有銘柄の詳細_バンガード・S&P500 ETF(VOO).xlsx」。ダウンロード日:2020/12/03

妻の顔

この記事がためになったと思ったら、クリックおねがいします☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア


ブログ運営者について

自分の写真
東証一部上場企業に勤める平凡なサラリーマン(営業職)35歳。妻あり子無し。結婚数年目。世帯年収は約1,000万円。20代に国内株で失敗経験あり。初心者やアクティブ運用に疲れた投資家にインデックス投資をおすすめする。Twitter @obuchi35kara

小淵(おぶち)のツイート

おすすめ情報

このブログを検索

QooQ