【2021年1月版】小淵家のポートフォリオ公開【インデックス投資初年度の結果発表】

2021/01/01

運用状況

t f B! P L
piggy bank

この記事では、小淵家の2021年1月1日時点での資産状況を報告します。

2020年の振り返り

2020年1月、小淵家では株式投資を始めました。

最初はいろいろな銘柄(個別株や債権、アクティブ投信など)を購入していましたが、いろいろ勉強した結果、2月には米国株式インデックスファンド「VTI」に資金を集約することに決めました。

不要なものを売却していき、8月までには総資産の95%くらいがVTIで占めるようになりました。(現金比率はほぼゼロです)

VTIは買うだけで、一度も売りませんでした。マーケットの状況を見て買うタイミングをはかることもしませんでした。

毎月の給料の中から貯金をしていき、ある程度たまったらその時の価格で買えるだけ買う、それだけのシンプルな投資行動です。

投資を始めた1年目で、VTIの保有口数は576となりました。

つみたてNISA

初年度に家計の資産のほとんどをつぎこんだことになります。投資元金は約1,000万円です(現時点)。

その中には、8月に開始したつみたてNISAでの「楽天・全米株式・インデックス・ファンド」も含まれます。いわゆる「楽天VTI」です。

なぜ初めからつみたてNISAを利用しなかったか?

それは、約800万ほどあった貯金を最初の4ヶ月くらいの間に一気に投入したため、「年間40万円」という非課税枠のインパクトが小さく思えたからです。

今では40万円の枠を埋めるよう積立設定しています。

ブログ・Twitter

3月ごろから本格的にこのブログの運営とTwitterを開始しました。

Twitterでは、さまざまな投資家と交流し、たいへんためになっています。

自分もいろいろつぶやいています。基本的におせっかいな性格なので、投資初心者の方や投資に不安な方に損してもらいたくないという目的で、できるだけためになることを発信しようと思っています。

マーケットのトレンドを追いかけることはしません。投資全般についての基本的なことや、投資に対する自分の心構えなんかをつぶやいています。

投資以外、料理のことや妻のこともかなり多めです。

よければフォローしてみてください。

小淵のTwitterアカウントへリンク

保有資産の内訳

さて、2021年1月1日時点の資産状況は以下のとおりです。

ETFのVTIで約1,157万円、楽天VTI含めたVTIの構成比は約98%です。

円グラフの濃い緑色の部分が楽天VTIです。

資産の状況(資金投入との比較)

現在の資産価値は約1,223万円です。対前月プラス91万円です。

月別運用実績推移

資金投入(投資元金)の累計額と毎月の評価額の推移です。

つみたてNISAの楽天VTI(の投資元金&評価額)も含んでいます。

赤字のVTI口数はETFのものだけです。

小淵家のキャッシュフロー

参考に、我が家のお金の流れを簡単に示したフローを掲載しておきます。

右下の「資産運用」の部分が、当ブログで紹介・公開している部分です。

これからの予定

家計のお金で投資を始めて約1年がたちました。

2020年の投資パフォーマンスは、約22.2%でした。

※(年末資産額 ÷(年初資産額+年内入金額))−1 で計算しました。

VTIの直近40年のパフォーマンスは年平均8%程度なので、よすぎると言えるでしょう。

なのでこの結果を嬉しいとも思いません。私は、私の投資期間である30年後にどうなっているかしか気になりません。

今後も淡々と、VTIの買い増しを続けていきたいと思います。

妻の顔

この記事がためになったと思ったら、クリックおねがいします☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア


QooQ