【2021年5月版】小淵家のポートフォリオ公開【VTIスポット買い増し】

2021/05/01

運用状況

t f B! P L
piggy bank

この記事では、小淵家の2021年5月1日時点での資産状況を報告します。

前回からの動き

まずは前月、4月月初の資産状況はこちらから。

4月1日時点の資産価値は約1,454万円でした。

そして、4月中の動きは以下のとおりです。

VTIを買い増ししました

余裕資金がある程度たまったので、ETFのVTIをスポット購入しました。約40万円分です。1月以来、約3ヶ月ぶりの追加購入です。

※毎月のつみたてNISAの楽天VTI 積立設定(33,333円)は別で。

最近VTIは過去最高値更新中です。

そんな時期になぜ買い増しする? ……というのは私にとっては愚問です。

過去を見て今が最高値かどうか。私には関係ありません。私が今回投資する40万円を売るのは、今のところ30年後以降。なので、気にするのは今と30年後の価格差だけです。

今から30年後までのVTIの株価チャートを想像してみて、買い時はどこか。私にはわかりません。だから、たぶん比較的安値だと思う今、買います。

今から30年後までで、今より安値になることも無くはないでしょう(無いかもしれませんが)。でもそのタイミングをうまくとらえる自信は私にはありません。だから今買います。

というわけで「常に今買う」という戦略は、的確に底値をねらい究極最大のパフォーマンスを出せるというわけではありませんが、投資の才能の無い凡人にとって取りうるベストな戦略だと思います。

※投資の才能を長年にわたって発揮できる人はほとんどいないので、多くの人は凡人だと思っています。

これからもタイミングを読まずに買えるときに買う、を継続していきます。

保有資産の内訳

さて、2021年5月1日時点の資産状況は以下のとおりです。

ETFのVTIで約1480万円、楽天VTI含めたVTIの構成比は100%です。

円グラフの濃い緑色の部分が楽天VTIです。

※我が家はリスク許容度が高いため、フルインベストメントです。(現金比率ゼロ)

資産の状況(資金投入との比較)

現在の資産価値は約1,531万円です。対前月プラス77万円です。含み益は43.7%です。

はい、また今月もふえました。いつまで上昇が続くのでしょうね。(いつでもマイナスに転じる可能性はあると思っています)

月別運用実績推移

資金投入(投資元金)の累計額と毎月の評価額の推移です。

つみたてNISAの楽天VTI(の投資元金&評価額)も含んでいます。

赤字のVTI口数はETFのものだけです。

投資をはじめてすぐに見舞われたコロナッショック中もその後も、愚直にVTIを積み上げた結果が現れていると思います(ドヤァ)。

小淵家のキャッシュフロー

参考に、我が家のお金の流れを簡単に示したフローを掲載しておきます。

右下の「資産運用」の部分が、当ブログで紹介・公開している部分です。

なお、今現在「遊びで個別株」の部分は何も運用していません。アクティブ運用をやるのに完全に飽きました。

これからの予定

我が家の投資ルール「余裕資金50万円たまったらその時どんな価格でもVTIを一括で買う。売らない」をまた実践しました。今回買ったのは約40万円分でしたが、「不定期不定額」ルールですから10万くらいの差はあまり関係ありません。

不定期不定額でも定期定額でもどっちだっていいんです。タイミングをはかってうまくいくことなんてまずできないんですから。(プロでもうまくいかないのに私がうまくできると思えない)

楽天VTIを毎月33,333円購入しているつみたてNISAは「定期定額」です。

私が投資でいつも考えていることは、いつ買うかやいくら買うか、何を買うかではありません。(それは投資初期に決めました)

米国市場が暴落したときに冷静でいられるかをよく考えます。

一応、コロナショックの底でマイナス40%近い資産の減少を経験しました。(当時VTIだけでなく個別株やレバレッジETFを持っていたため)

そのときは、妻も私も余裕でいられました。むしろ笑って、生活防衛費を見直して(取り崩して)買い増しにあてようと話し合いました。

今後また、もっとひどい暴落が来ないともかぎりません。むこう30年の間、何度か来るのでしょう。また、その暴落は何年も続くかもしれません。

そんな状況にあって冷静でいられるかどうかを考えておくことは、投資家全員に必要なことだと思います。

私は、最悪の場合、投資に回した試算をアテにせず、働き続ければいいや、と思っています。最悪の場合、最低限の食い扶持さえあればいいや、と思っています。

投資が失敗したら、働いて食いつなぐ。あたりまえのことですが、Twitterの投資クラスタを見ていると、投資の成果に人生をあずけすぎな方をちらほら見受けます。

投資家全員が、狼狽せず、退場せず、人生を豊かに送れたらいいなと思います。そのためには、あまり投資に頼りすぎない余裕も大事かなと思います。

妻の顔

この記事がためになったと思ったら、クリックおねがいします☆

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア


ブログ運営者について

自分の写真
東証一部上場企業に勤める平凡なサラリーマン(営業職)35歳。妻あり子無し。結婚数年目。世帯年収は約1,000万円。20代に国内株で失敗経験あり。初心者やアクティブ運用に疲れた投資家にインデックス投資をおすすめする。Twitter @obuchi35kara

小淵(おぶち)のツイート

おすすめ情報

このブログを検索

QooQ